長野県屋代高等学校同窓会

〒387-0007
長野県千曲市大字屋代859-10
長野県屋代高等学校同窓会
TEL 026-274-3310
FAX 026-274-3315
〒局口座No 00500-4-14710
-------------------------------------
事務局  月~金曜日
      13:00~17:00
 
魂の故郷
 
トップページ > 活躍する同窓生 
活躍する同窓生 >> 記事詳細

2019/09/09

宝塚歌劇団星組 朱紫令真(あかしれいま)さん

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
 新人公演で2番手役に大抜擢!!
高35回 森村たまき
 屋代高校出身、宝塚歌劇団星組で男役としてご活躍中の朱紫令真さんは、7月12日(金)より宝塚大劇場で、9月6日(金)よりは、東京宝塚劇場で公演される『食聖—The God of Stars』『Éclair Brilliant(エクレール・ブリアン)』にご出演されますが(筆者の持つパンフレット)、今回「新人公演」で2番手役を務められることが発表され、話題を呼んでいます。
 「新人公演」というのは、東西公演中に各1回だけ開催される入団7年目までの生徒(宝塚歌劇団では、劇団員のことを「生徒」といいます)のみによる特別な公演で、通常は演じることのできない大きな役を若手が経験する機会です。またトップ役、2番手役に選ばれた生徒は、直接上級生から指導を受けられるだけでなく、将来の「スター候補」とみなされ、大きく注目されることになります。今回の公演は、星組トップスター紅ゆずるさんとトップ娘役綺咲愛理さんの退団公演としてとりわけ注目も大きく、また朱紫さんが演じるのは時期トップスター就任が決定している礼真琴さんのお役。歌も踊りもお芝居もどっさりの大役です。
 朱紫さんは、これまでの新人公演ではどちらかというと年配の、個性的で味のある役を演じられることが多かったのですが、入団6年目にして初めてつかんだ大きなチャンス、これを機に大きく飛躍されることと、応援団一同期待に胸をふくらませています。
 昨年は宝塚歌劇団の「年度賞」で奨励賞を受賞し、また星組内同期で首席を獲得するなど、着実に努力を積み重ねてこられた朱紫令真さん、十月には「宝塚舞踊会」へのご出演も決まっています。こちらは各組のトップ、二番手と数名の選抜メンバーしか出演できない、二年に一度きりの宝塚の日本舞踊の祭典で、ここにご出演されるのも、すごいことなのです。
 私は数年前に宝塚の観劇を始めたばかりですが、いつも舞台の高い完成度に圧倒され、ジェンヌさんたちの熱い歌と踊りとお芝居に胸躍らせています。またジェンヌさんたちの美しいこと、麗しいことときたら目を瞠るばかりです。昨年偶然、屋代高校出身の朱紫令真さんを発見した時は、我が目を疑いました。質実剛健の屋高健児から、まさかまさか、清く正しく美しいタカラジェンヌが誕生していようとは!
 その後、直接お目にかかる機会もあり、誠実でまっすぐなお人柄を知るにつけ、私はますます朱紫さんのファンになってしまいました。今回新人公演の大抜擢は嬉しい驚きでしたが、見る人は必ず見ているのだと頷いています。大切な大舞台に、できない役は振られないものです。必ずや期待に応えて、素晴らしい舞台を見せてくれることと確信しています。
 屋代高校・附属中学の皆さん、自慢の大先輩、宝塚歌劇団星組、朱紫令真さんの応援をよろしくお願いします。同窓会の皆さんも、かわいい後輩の活躍をどうぞ一緒に応援してください。

翻訳家 
森村たまき(高校35回)
美智子皇后陛下(当時)が、平成30年の誕生日会見で「退位したら最も読みたい本」として紹介された、イギリスのユーモア小説家P・G・ウッドハウス(P.G. Wodehouse) の『比類なきジーヴス・シリーズ』の翻訳者。


15:40
Copyright(c) 2014 Yashiro Senior High School Alumni Association All Right Reserved.