2月に発行されました、同窓会会員名簿が新興宗教の勧誘に使われたと、報告がありました。 会員名簿は会員相互の親睦を図ることを目的にしております。 このような、使用については甚だ遺憾です。 また、発行された会員名簿は会員限定であり、シリアル番号で管理されています。  
令和4年2月13日(日)に予定されていました「マリーメイト鳩の会」はコロナ感染症まんえん防止等重点措置が発令されましたので、たいへん残念ですが中止させていただきます。 次回の開催は令和4年6月5日(日)となります。大勢の皆様のご参加をお待ちしています。
1 開催日時    令和3年11月20日(土) 午前10時~12時 2 会  場    屋代高校同窓会館(千曲市屋代859-10) 3 相談員     屋代高校を卒業した弁護士 4 対  象   (1)屋代高校同窓会員          (2)千曲市民及び千曲市内に勤務している皆様          (3)屋代高校・附属中学校保護者の皆様    5 実施方法    (1)お一人当たりの相談時間は30分間です。                                (2)完全予約制とし、8名まで先着順に受け付けます。                                (3)相談会当日は、予約された時間までにお越しください。  6 申込方法  (1)方  法    電話で下記までお申し込みください。                                 屋代高校同窓会  電話 026-274-3310                              (2)申込期間    11月1日(月)~16日(火) 平日、午後2時~5時                              (3)申込内容    ①名前 ②年齢 ③住所 ④電話番号 ⑤相談分野 ⑥「対象」区分などを伺います。    7 その他   (1)留守電の...
9月26日(日)に開催予定でした、令和3年度第2回マリーメイト鳩の会は新型コロナ感染症の急激な感染拡大が続いていることから中止します。
高校22回 宮島勇治 様(令和元年7月14日ご逝去)と記載すべきところ、 誤って、高校24回 宮島 誠 様と記載してしまいました。 宮島 誠 様はご存命であります。 ご本人、ご家族、関係者の皆様には、たいへんご迷惑、ご心配をおかけしました。 謹んでお詫び申し上げ訂正をさせて頂きます。
 去る令和2年6月1日ご逝去の佐藤忠雄氏(前「力石化工・株」社長)のご遺族である、同社社長・佐藤洋子氏(ご長女)からご寄付を賜りました。故佐藤氏は坂城支部長としても本同窓会発展にご尽力いただきました
 母校の教育活動支援(「鳩の会」)のため、令和2年9月から令和3年6月までの間に、505,000円のご賛助を賜りました。令和2年度の母校の主な助成は次のとおりです。 屋高フォーラム・SSH一人一研究・附属中棚田体験学習・附属中AI・教材導入費・ICT教育機材購入費・教職員の研修費 等
会員名簿に記載される住所の変更は令和3年10月末までにお知らせください。それ以降は訂正ができない可能性があります。 会員名簿購入希望の申込みは令和4年1月末日で締め切らせていただきます。 会員名簿発行委託会社は「株式会社サラト」のみです。それ以外の会員名簿発行の勧誘は屋代高校同窓会とは無関係です。
第2回 令和3年11月20日(土)第3回 令和4年3月5日(土) 会場:同窓会館「鳩陵会館」時間:午前10時~12時 【申込先】  屋代高等学校同窓会事務局(電話)026-274-3310【受付期間】  各開催日の4週間前~1週間前までの間の平日午後2時~4時。電話のみの対応です。なお、定員になり次第受付終了となります。※ 詳細はホームページでご覧いただけます。
第2回 令和3年9月26日(日)第3回 令和4年2月13日(日)   会場:同窓会館「鳩陵ホール」時間:午後1時30分~3時30分 【申込方法・お問い合わせ】 同窓会ホームページをご覧いただくか、同窓会事務局(☎026-274-3310、平日午後2時~5時)までお問い合わせください。【申込期間】 開催日の2週間前まで
令和3年度定期総会開催  去る5月29日(土)に「コロナ」の感染防止から、支部長のみに出席要請し、20名の支部長が出席した。令和2年度事業報告、同決算報告、令和3年度事業計画(案)、同予算(案)、屋代高校創立100周年・附属中学創立10周年記念事業実施計画( 案)、役員の推薦について(案)などが諮られた。事業案(特に100周年関係)には活発な意見交換がなされた末、全案が承認された。前年度の決算、本年度の予算については別表(web版割愛)のとおり。 「会員名簿」「100年史」の進捗  「会員名簿」刊行は、プライバシーマーク取得のデータ整備専門会社「(株)サラト」に委託して発行を期することにし、去る5月から調査ハガキ等が会員皆様に郵送され始めた。また、記念史編集事業は6月12日(土)の編集会議を経て、7月末には第一次原稿が締切られる。編集作業はいよいよ佳境に入った。 支部長、ごくろうさまでした  前年度をもって退任した支部長は以下の方々です。多年に亙るご苦労に深甚なる敬意を表します。支 部 お名前(卒業回期)(順不同・敬称略)八 幡 酒井貞之(高3回)東 条 毛利宣熙(高15回)川 柳 小林 武(高16回)共...
全国の指定校で3例目  文科省は、平成14年度、科学・理数教育を重点的に行う研究開発校として「スーパーサイエンス校」を立上げ、これまで217校が指定されたが、本学は平成15年度に第1期指定を受け、実験実習に重きを置き、大学等との連携により魅力的な科学理数系教育を行なってきた。第4期指定が昨年度で終了となることから、学校では第5期申請に向け万端の準備を整え、これが結実し、別表の通り「全国で1校」の指定の栄に輝いた。 高澤校長先生は「第Ⅴ期指定は誠に喜ばしく、長野県理数教育のフロントランナーとして責任を全うしたい」との談話を出された。 「スーパーサイエンス」第5期指定までの道 本学教諭(SSH担当) 手塚 理実 1 これまでの経緯  スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業は、文部科学省が「将来国際的に活躍し得る科学技術人材の育成を図る」ことを目的として平成十四年に全国で二十六校を初年度の指定校としてスタートさせ、現在二百校を超える高校が指定されています。 第Ⅰ期(開発型)から第Ⅱ期(実践型)、第Ⅲ期(〃)と継続して指定を受けるためには、その都度申請を行い、それまでの成果や実施内容の有効性など厳...
第3回無料法律相談会の開催下記の通り無料法律相談会を開催します。 日  時  6月26日(土)午前10時から正午まで(一人30分) 会  場  屋代高校同窓会館 対象者   千曲市民、千曲市に勤務している皆様、屋代高校同窓会員およびその家族 定  員  8名 申込方法  電話で屋代高校同窓会事務局まで申し込んでください 受付時間  平日 14時から16時まで 申込期限  6月18日(金)まで その他   事務局では氏名、連絡先、簡単な相談事項をお聞きします。
定期総会を令和3年5月29日(土)に屋代高校同窓会館で開催しますが、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大しているため、参加者を限定し、県内支部長および会長、副会長等の役員のみで開催します。学年理事の皆様、会員の皆様のご理解を賜りますようお願いいたします。
 鳩陵会館は、床暖房のほか情報関係のWi-Fiが完備していることから、時節柄、オンライン会議等で先生方や生徒の皆さんにご利用いただくことが多くなりました。その現況を報告します。 オンラインによるデイベイトコンテスト(10月21日)             理化班「温泉グループ」のオンライン会議(10月21日)  理化班顧問・清水加奈先生談「信州大学物質化学科・手嶋勝弥先生とオンライン会議を行いました。今年度、理化班温泉グループは、高山村七味温泉紅葉館にご協力いただき、温泉水を使って研究をしています。紅葉館の温泉には70℃と30℃の源泉があり、それぞれ透明のお湯は混ぜると炭のように黒くなることが知られています。私たちはこれまで10回以上温泉水の採取・調査を行い、手嶋先生の研究室にご協力いただいて温泉水の分析を進めてきました。分析結果や手嶋先生とのディスカッションにより、炭色の湯ができる原因の一つは硫化鉄ではないかと現段階では推測しています。 10月21日は、校舎内でオンライン会議をする予定でしたが、使用できなくなり同窓会の宮原一治先生に柔軟に対応いただきました。同窓会館はインターネットの通信状況も良く、快適な環境で話...
第1回 6/26(土)第2回 11/20(土)第3回 令和4年 3/5(土) 会場:同窓会館「鳩陵会館」時間:午前10時~12時 【申込先】  屋代高等学校同窓会事務局(電話)026-274-3310【受付期間】  各開催日の4週間前~1週間前までの間の平日午後2時~4時。電話のみの対応です。なお、定員になり次第受付終了となります。※ 詳細はホームページでご覧いただけます。
第1回 5/16(日) 第2回 9/26(日)第3回 令和4年2/13(日) 会場:同窓会館「鳩陵ホール」時間:午後1時30分~3時30分 【申込方法・お問い合わせ】 同窓会ホームページをご覧いただくか、同窓会事務局(☎026-274-3310、平日午後2時~5時)までお問い合わせください。【申込期間】 開催日の2週間前まで
副会長 高山吉富(高19回) 今年の春には、新型コロナウイルス感染拡大の不安が一気に高まり、5月の開催は中止とした。夏場、感染状況が少し落ち着きを見せていたが世間では様々なことが自粛ムードのある中、親御さんからの切実な思いを感じ、9月の鳩の会は実施することとした。再び第三波感染拡大のニュースが拡がってきているが、12月末時点では2月のマリーメート鳩の会は実施予定である。 そんな中でも明るいニュースは会員の中から一組のカップルが誕生したことである。今後、二組、三組目の誕生を期待したい。【第二回9月27日実施】参加 12組17名(夫婦の方5組)当該本人 男8名 女6名◯参加者へのアンケート結果当日、写真・身上書を複数の方と交換した。22組▼ 何人の方とお会いしましたか。 ・3名と 3組・2名と 7組・1名と 7組・会わなかった 8組▼現在も続いていますか。・いる 4組・いない17組・子に任せている 4組 「マリーメイト鳩の会」では、大勢の方にご参加頂くことによって良い出会いが生まれます。一年はあっという間に過ぎます。先ず親御さんが動いてください。親戚や知人で息子や娘さんの結婚で悩んでおられる方にもお話してみて...
野球、吹奏楽班など、記念イベントを開催を予定 「頑張れ、屋高生!前へ」                       創立百周年記念事業工程表                             百周年記念史編纂委員会開かれる 令和2年9月6日(日)、同窓会館鳩陵ホールに於いて、第一回編纂委員会が開かれた。出席した委員は本部役員を含め21名。80周年以降90周年までのグループと、それ以降100周年までの二グループに分かれ、編集の基本方針の確認と、作業分担について熱心な検討がなされた。  第二回目は11月15日( 日)( 写真)。記念史編纂の基本的方針や担当者の再確認等の後、( 株)ぎようせいの担当者から執筆要綱の説明を受けた。続いて令和3年度の委員会日程の確認、担当者別の協議をして解散。編纂事業は漸く途に就いた。完成は令和5年上半期の予定。購入のご希望受付等については今後の会報「鳩」やホームページなどで逐次掲載、連絡を差し上げる予定である。         同窓会名簿の作成・頒布  百周年記念事業の一環として、「名簿」の作成にも着手しており、その概要は以下のとおり。・販売価格 4、300円・ 令和3年5月住所調査開始・令和4年2月 販売予定多くの同窓生に...
下記の通り無料法律相談会を開催します。日  時  3月6日(土)午前10時から正午まで(一人30分)会  場  屋代高校同窓会館対象者   千曲市在住の人、または屋代高校同窓会員およびその家族定  員  8名申込方法  電話で屋代高校同窓会事務局まで申し込んでください受付時間  平日 14時から16時まで申込期限  2月26日(金)までその他   事務局では氏名、連絡先、簡単な相談事項をお聞きします。
下記の通り無料法律相談会を開催します。日  時  11月21日(土)午前10時~会  場  屋代高校同窓会館申込方法  電話で屋代高校同窓会事務局まで申し込んでください受付時間  平日 14時分から16時まで申込期限  11月13日(金)までその他   事務局では氏名、連絡先、簡単な相談事項をお聞きします。
◆  「鳩の会」は、広く会員の皆様のご賛助を募り、屋高フォーラムや附属中学校への助成、先生方の諸研修など母校の教育活動の支援を行っています。◆  母校の一層の充実・発展のため、ご協力いただける方は、下記口座までお振込みくださいますようお願い申し上げます。郵便局  № 00570 - 0 - 44020加入者名「鳩の会」※ 同窓会事務局(?026-274-3310)にご一報いただければ「払込取扱票」をお送りいたします。◆  なお、ご賛助いただいた方のお名前は、会報「鳩」75号(令和3年8月1日発行予定)に掲載させていただきます。
 母校の教育活動支援(「鳩の会」)のため、令和元年9月から令和2年6月までの間、19名2団体の方々より合計357,000円のご賛助を賜りました。心より厚く御礼を申し上げます。 この事業の主な支援対象は次のとおりです。・屋高フォーラム・SSH一人一研究・教育研修助成・附属中棚田体験学習・附属中海外語学研修助成 等
定期総会に代わり「オンライン対談」定期総会開かれず、同窓会史上初 去る5月30日(土)に開催予定であった、令和2年度総会は、コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大に鑑み、開催を中止し「総会を開く余裕のない時、代わって役員会は会務を議決する」(会則第9条)に基づき、その議案が承認された。NPO通常総会、役員会を開催 5月23 日(土)、総会に代わるものとして、開かれた。この会に先立ち、NPO法人(註)の通常総会が持たれ、令和元年度事業報告、同決算報告、令和2年度事業計画(案)、同予算(案)が諮られ、全て承認された。 役員会では、令和元年度事業報告、同会計報告、令和2年度事業計画、令和2年度予算(案)、会則(細則)の変更について(案)及び、役員の選出について(案)が諮られ、慎重審議の結果全て承認された。この結果、この役員会の議決を以って、総会の会務は承認された。 なお、前年度の決算、本年度の予算については別表に示すとおり。(註 )「特定非営利活動法人 屋代高等学校同窓会」。同窓会館の建設・維持のため平成26年12月に設立。母校の教育活動支援も事業の重要な柱の一つ。創立100周年事業 準備委員会が...
沿革に第3代同窓会長 佐藤穂次 氏から第6代同窓会長 赤地憲一 氏の就任期日を掲載しました。初代会長の藤本幸邦 氏 第2代会長の宇都宮義久 氏の就任期日は現在調査中です。
本年度は新型コロナウイルス感染症予防のため四月から授業もできない状態が続きました。さらに、インターハイや甲子園がなくなり、生徒の皆さんが一番楽しみにしていた鳩祭も通常通り開催できなくなりました。同窓会では生徒の皆さんを励ます意味で「頑張れ屋高生!前へ」と書かれた懸垂幕を写真のように掲示しました。
屋代高校の沿革を追加しました。平成5年6月30日のコンピュータ教室設置からの近年のICT教育の加速状況がよくわかります
令和2年に開催予定のホームカミング鳩会は新型コロナウイルス感染症予防のため、令和3年に延期します。・令和2年8月15日開催予定の高校41回(50歳)のホームカミング鳩会は令和3年1月2日(土)に延期しました。・令和2年9月に開催予定でした高校51回(40歳)、高校60回(31歳)、高校63回(28歳)のホームカミング鳩会は令和3年9月に延期します。なお、開催日時は未定です。・令和2年11月に開催予定でした高校30回(60歳)、高校21回(70歳)のホームカミング鳩会は平成3年11月に延期しました。なお、日時は未定です。
転勤やご結婚にともない住所を変更された同窓会員の皆様は、このホームページの「問合せ・変更」により住所変更をお願いします。年2回、7月、2月に発行される会報「鳩」をお送りします。
日時:令和2年5月27日(火) 午後5時30分より会場:屋代高校同窓会館屋代高校、屋代高校PTA、屋代高校同窓会による準備委員会が開催されました。創立100周年記念式典は 2023年(令和5年)10月28日(土)に屋代高校において開催される予定です。
令和2年5月30日(土)によていされていた定期総会は、新型コロナウイルス感染防止のための対応により中止とし、会務の決議については、会則第9条2項の規定に基づき役員会の議決をもって代えさせていただきました。  日時:平成2年5月23日(土) 9時より 会場:屋代高校同窓会館
新型コロナウイルスへの対応により、令和2年度の以下の諸事業について、中止とさせていただきます。 ・定期総会 5月30日(土)予定   (なお、諸議案については役員会の議決をもって代えさせていただきます。) ・第1回マリーメイト鳩の会 5月17日(日)予定 ・第1回無料法律相談会 6月27日(土)予定
 高校17回村松友春様より同窓会事務局にテレビをご寄贈いただきました。(令和2年1月) 昨年は台風19号により千曲市・長野市などが大きな被害に見舞われましたが、今後こうした災害がないことを願いつつも、万一の場合の情報入手がリアルタイムでできるようになりました。また、母校生徒の活躍を取り上げたニュース等も事務局で見られることは有り難いことです。 村松様、誠にありがとうございました。
「マリーメイト鳩の会」軌道に―                                                        副会長 高山吉富 同窓会館が平成30年3月に竣工したことを機に、同窓生や地域社会への貢献の一つとして、結婚支援事業を始めることを計画し、準備委員会(註)を立ち上げ、1年をかけて研究を重ねました。その結果、名称を「マリーメイト鳩の会」として発足して、初年の今年度は3回開催することができました。「マリーメイト」(marry mate)は「良き伴侶」の意で、赤地同窓会長の命名によります。▼第1回(令和元年5月6日)実施報告  ・参加者 17組19名 ・当該の申込者 男12名、女8名▼第2回(同年10月20日)実施報告   台風19号の直後で開催が危ぶまれましたが、この日を待ち望んでおられる方々が多く、開催の運びとなりました。「鳩陵ホール」は親御さんの熱気が感じられました。  ・参加者 32組39名 ・当該の申込者 男18名、女18名▼第3回(令和2年2月9日)実施報告 ・ 参加者 36組47名 ・当該の申込者 男21名、女18名▼当日の進行状況報告①参加費を納め、名札を着用 ②「アピールタイム」で参加者全員が我が子の紹介 ③「フリータイム」で②の情報を基...
令和2年度の「無料法律相談会」を企画しました。(第1回)6月27日(土)(第2回)11月21日(土)(第3回)令和3年3月6日(土)の計3回を予定しています。申し込み等、詳しいことはこちらをご覧ください。R2 無料法律相談会の案内文.pdf
 第16回「屋高フォーラム」は令和元年9月14日(土)午後一時より千曲市あんずホルにて開催された。司会は放送同好会の生徒、吹奏楽班・合唱班による校歌斉唱で幕が開き、概況は次のとおり。▼森村たまき氏「ジーヴスと翻訳のよろこび―宝塚・朱紫令真さんのことも」森村氏は翻訳家で戸倉上山田中出身の高校第35回。美智子皇后陛下(当時)が、平成30年の誕生日会見で「退位したら最も読みたい本」として紹介なされた『比類なきジーヴス』(P.G.Wodehouse著)の翻訳者。▼「屋高フォーラムオーケストラ」及び音楽選択生徒80名による歌劇「アイーダ」より「凱旋行進曲」、「大地讃頌」の合唱。指揮は本校音楽科教諭池内宏明氏(高校第33回)▼中村浩志氏「鳥と人間の世界…50年にわたる鳥の研究をふり返って」中村氏は信州大学名誉教授・理学博士。坂城中出身、高校第17回。絶滅に瀕するライチョウの保護活動に努める国際派鳥類学者。「第26回信毎賞受賞(2019・6月)。現在は中村浩志国際鳥類研究所代表理事。◆ 森村氏の講演は、「翻訳」という独特の世界におけるご苦労や、宝塚スター朱紫令真さんにも話が及び、レパートリーの広い活動をしている森村さんに盛んな拍手が...
 平成30年4月から令和元年6月の間、2団体22名の方々より427,000円のご賛助を賜りました。心より厚く御礼を申し上げます。 この支援事業の対象は次のとおりです。・屋高フォーラム・SSH一人一研究・附属中支援。・棚田体験学習・海外研修引率・教育研修助成 等
令和元年度総会開催される 去る5月25日(土)午後2時30分より、鳩陵会館において令和元年度の総会が開催された。 会計報告、予算案に続いて新事業「無料法律相談会」などの議案が提出され、新副会長・長谷川はるみ氏(高34回)の人事案とともに承認された。 議事に先立っての特別報告は、岸田安穂氏(高3回)の「校歌の英文訳に関わる秘話」と、牧島幸佑君(高校2年生)による「人は見た目が100%?」。二人の報告で会場の空気は一気に和やかなものとなった。 総会終了後、懇親会が八幡「うづらや」にて約五十人の出席のもと、盛大に開催された。〔写真〕校歌の斉唱で開会支部長歴任者へ感謝盾贈呈 平成30年度で退任された各支部長に、同窓会から感謝の言葉を嵌め込んだコンパクトで明るい盾が贈られた。長年に亘り支部をまとめられ、組織の発展に寄与された各位に深甚なる敬意と感謝を申し上げます。(順不同・敬称略) 支 部 お名前 (卒業回期) 塩 崎 宮下 忠之 (高13回) 戸 倉 中澤 政好 (高10回) 西寺尾 池田 慶順 (高9回) 中 津 山崎 光幸 (高11回) 共 和 滝澤 一男 (高10回) 雨 宮 野澤  肇 (高14回) 桑 原...
同窓会館完成記念講座の一環として、新たに「無料法律相談会」を企画しました。今年度は(第1回)9月7日(土)(第2回)11月16日(土)(第3回)令和2年3月7日(土)の計3回を予定しています。申し込み等、詳しいことはこちらをご覧ください。R1 無料法律相談会の案内文.pdf
 この度、校歌の英訳版について高校3回卒の同窓生より情報提供をいただきました。この英訳版校歌とは、昭和22年(1947年)秋頃、当時英語班顧問をされていた寺倉國男先生が英訳されたものとのことです。 戦時中は英語の教科が中断されていましたが終戦後に復活する中で、当時は校内外で英語劇が盛んに行われました。その上演に際し、屋代中学校(当時)の舞台であることを示す意味で寺倉先生が校歌を英訳してくださり、この英訳版校歌が歌われて大変好評だったそうです。 英訳版校歌の歌詞はこちら↓をご覧ください。          屋代高校校歌
 令和元年5月6日、第一回結婚支援事業「マリーメイト鳩の会」(親同士のお見合の会)が新しく完成した同窓会館二階鳩陵ホールにおいて開催された。 当日は、20名の親御さんが参加。塚田惠美子氏(高11回)の講演「最近の婚活事情」につづき、アピールタイムでは、各参加者より息子・娘の該当者について紹介が行われ、その後のフリーの交流では、関心を持った方と更に話され、両者の意が合った場合に身上書と写真を交換された。 参加者からは、「こうした会ははじめてだったが、話している内に話せるようになった」「出会いが多くよかった」との感想が寄せられた。 会の終了時、身上書を交換された方は18名に上り、複数の方と交換した方は7名いた。成婚のあかつきには、鳩の会への報告をお願いしたい。 その後も、何組かから「お目にかかりたい」「お会いしたい」という話が聞こえてきている。今後、支部総会などで結婚支援事業の内容の広報に努め、この会の利用者が増えるよう努めて参りたい。会員皆様にも、身内や親戚、知人の方々に屋代高校では結婚支援事業「マリーメイト鳩の会」をはじめたことを紹介いただければありがたい。 次回は10月20日(日)と令和2...
ホームカミング鳩会も「25歳」を立上げ 鳩陵会館の落成を記念した公開講座は、去る平成30年3月の宮崎和順名誉会長による「代数学の初歩―神秘律の証明―」を皮切りに、「戌の満水を歩く」(栗林秀夫副会長)、「後見相続と遺産分割」(柳澤修嗣副会長)、「医学と医療―私の歩んだ道―」(瀬在幸安名誉会員)、そして同年7月の宮下達朗・中村峻太郎両君による「私の受験勉強」まで、予定通り開催することができました。 そのうちの「結婚相談の現状と課題」については、旧女子高校同窓会2校を招聘しての研修会を経て、新たに設置された結婚相談事業委員会において6カ月に及ぶ審議の末に、次のような企画として提案できる運びとなりました。 (副会長 高山吉冨) 結婚支援事業 5月6日(月)・10月20日(日)・来年2月9日(日)に開催結婚相談の現状と課題 最近の結婚事情はかなり様変わりしている。親世代以上の多くの方に共通した「結婚できて当たり前」の時代は昔のこととなっている。国勢調査による生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚したことのない割合)は、戦後、男性1%、女性1%、昭和五十年には男性2%、女性4%であったものがバブル崩壊後、女性の社会...